2009年01月04日

どもです

今年もよろしくお願いします。

良い年にしたいものです。
posted by 某・勘違い at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

気候

一週間位前、早朝に−2℃だったかと思いきや、

一昨日は深夜なのに15℃くらい。

最近の気候はおかしいね。
posted by 某・勘違い at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

季節は秋

今日は日差しが強かったね。

強かったんだよ。

半袖で来ちゃったよ。



寒い。

秋ですね。
posted by 某・勘違い at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

我慢

美徳とも言われる「我慢」。

でも、し過ぎは身体に毒です。

ストレスもトイレも、我慢し過ぎないように

気をつけましょうね。


危うく、血尿→腎臓で、救急病院行きでした。

薬ってスゲーです。
posted by 某・勘違い at 05:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

20年

昔、父親が買ってきた一眼レフ。

嬉々として買ってきたそのカメラは、

我が家のイベントごとで使われていた。

僕の成人式、弟の成人式、妹の運動会…。

でも、バッテリーがすぐ無くなったり、

肝心なときに時間が掛かって、待たされた記憶が強い。


父が入院した頃から使われてなかったそのカメラ。

成人式の今日、妹の成人を記録しようと、

押入れから出してきた。


古い説明書を見ながら、バッテリーをチェックする。

お、大丈夫っぽい。

なにげなくファインダを覗く。


08.1.14

のデジタル文字。


父の思いは、今日の日まで止まることなく

時を刻み続けていた。


ちょっと感動しながら、茶色く変色した説明書の裏を見る。


1988年製。



そのとき、父がなぜ、何の記念に

このカメラを買ってきたのか、思い出した。




たくさん撮るよ。
posted by 某・勘違い at 06:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

この時期に

この時期になると電車でよく出会うこと、勝手にベスト3。


第3位…【ハイテンションのお子様】。騒ぎたい気持ちはわかるけど抑えてー。


第2位…【介抱されているヘビードリンカー】。飲んで飲んで飲まれて戻して。



そして堂々の第1位は…!


第1位…【やたらと座席が熱い座席】。低温ヤケドどころか、ほんのりレアに。



肌の弱い僕にとって、あの座席の焼け具合は本当に深刻な問題です。

僕の赤身がマズイことに。

いや、長く乗ってるとかじゃなく。

だから、薄手のタオルは欠かせません。

だったら座らなきゃいいじゃない、って言われたって、

うーん、まさにその通りだ。

だけどね、目の前が空いていたら、座るでしょうよ。長く乗るんだし。


というわけで、

今日も戦いは続くのだ。西武戦と山手戦だ。
posted by 某・勘違い at 06:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

もう12月

今年は秋が短かった。
posted by 某・勘違い at 13:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

空の青

早朝の空が青い。

空はなんで青いんだろう。

海に恋して、海を映しているからさ、って

王子が言ってた気がする。

本当かなあ。



でも、いいんだ。


正解がいつでも正しいってわけじゃないから。

正解だけが正しいってわけでもないから。
posted by 某・勘違い at 05:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

正体は

あれほど避けてきたのに

僕が行く先々どこにでもいて

どんなに対策を立ててもかいくぐって

密室の中で一緒になっても

ずっと拒否していたのに

でも、とうとうつかまったみたい。



風邪ひいたっぽいです。不覚。

今日は早く寝ます。

色々動きたいこの時期に…。
posted by 某・勘違い at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

おはよう

猫です。


うそです。イヌです。



起床5:55。

ドリップしたコーヒーを飲んだ日は、眠りが浅いかもしれません。


最近始めたジョギングをしてきました。

ライブの無いときこそ、体力づくりです。


ジョギング中に面白い写真を撮れた気がしたんですが、

帰ってきて見てみたら大して面白くなかったです。

箸が転んだ程度でした。

きっとランナーズ・ハイだったんです。

残念です。


オチもありません。

残念です。
posted by 某・勘違い at 07:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

午前4時

午前4時の風が気持ち良い季節です。

風の中に、水分がたっぷりあるからかな。

秋っていいな。


懐かしい匂いがするから、今夜は窓を開けて寝よう。

カーテンも開けちゃおう。

ひとつだけ、星が見える。


風邪ひかないように気をつけます。




世の中いろんなところで争いが起きたりしてる。

だけどこの瞬間、僕は幸せで平和で自由だ。

ありがとう。
posted by 某・勘違い at 04:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

今年も(暗め)

気がつけば、今年も大切なひとの命日がやってきた。

この日を思った瞬間だけは、数年を遡るから不思議だ。



長く静かな夜のICU

握った大きな手のぬくもり



こんな時間でさえ、ずっと続けばいいのに、って思った僕。

その半面で、その瞬間を覚悟し、受け入れつつある僕。





今年一年、しっかりやれただろうか。

約束は守れているだろうか。


あなたの大きな背中には

まだ追いつけそうにない。


それでも何とかやってるよ。






大切なものって、

目には見えないものなんだね。
posted by 某・勘違い at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ヘルニア始めました

どうも、ヘルニアンの勇者です。

ヘルニア緑茶好きです。

ヘルニアン・ラプソディ歌います。


歌い手の皆さんは特に、時節柄お気をつけ下さい。

普段ならなんでもないことでも、要注意ですよ。




敵は雨とクシャミです。


こっちの仲間はボルタレンとブロック注射ですが、

あまり頼りにならないかもです。


痛くならないように「予防」するのがイチバンです。
posted by 某・勘違い at 22:53| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

風と自転車

一年のうちで、暑くも寒くもなく自転車を漕げるのって、

ジツはほんの数日だと思う。


駅からの帰り道、自転車を漕いでいると、

今日が、というかこの時間が、その数日の中の一日だって思った。



適度に湿気を含んだ空気、

だけど漕ぐジャマにならない程度の風、

青い草の匂い、

夜の空、


んー。自然と泣いてもいいかな。



この、夜の草の匂い、風の匂いを吸うと、

なぜか幼稚園位のことを思い出す。

思い出すっていうか、そんな感覚に戻る。

そこには家族がいて、どこか散歩してて。



匂いって、本当に年月を忘れさせますね。


アスファルトの焼けた匂い、

金木犀の香り、

百合の香り、

夕立の香り、

香りを運ぶ風には、記憶が宿る。




あれだね、きっとひとことでいうと、

においフェチだ。



orz





ま、まあとにかく、

そんなふうに、記憶が宿るような曲を作って歌いたいですね。
posted by 某・勘違い at 23:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

な〜んか

ここ2週間位、ずっと調子がよくないんですよね…。

やっぱあれかなぁ。

健康診断とか受けとくべきかね。


ん〜。気をつけよっと。
posted by 某・勘違い at 03:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

なぜに?

「その髪型どーなのよ?根元から切らせろよ〜!」と僕が言う。

さらに、

「その言葉遣いもおかしいじゃん。金輪際その言葉使うなよ!」

と怒った。



それを聞いたヤツは、

こう言いながら、僕めがけて襲い掛かった。




「そんなこと言ってると、命の保障は無いナリよ!」





刀で斬られる瞬間、僕は目を覚ました。


夢に出てきたコロ助は、かなり凶暴な性格だった。
posted by 某・勘違い at 22:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

佐呂間の竜巻

先日、移動の合間に携帯ニュースを読んでいると、「佐呂間で竜巻」という記事が。


民宿を営んでいた祖母が住んでおり、僕も何度も行ったことがある。

てか一時期住み込みのバイトしてた町だ。


テレビを見た母親が、既に祖母に連絡をとっていたが、凄まじかったみたいだ。




身内の安全を確認して、ひとまずホッとしたけど、

亡くなられた方々がいることを考えると、複雑な気持ちになる。


これって、海外で何かの事故があったとき、

「邦人乗客は無し」ってテロップが流れるのと同じ感覚なのかな、と。


自分に近い人の心配をするのは当然なんだろうけどね…。



映画『アンブレイカブル』の冒頭を思い出しました。



天災は本当に怖いですね。

唐突に起こりうるし、怒りの矛先もどこへ向ければよいのか。


でも、自分には関係ない、って思っちゃう人の心も、怖いですね。
posted by 某・勘違い at 01:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

誕生日なのです

はい。

というわけで今日は僕の誕生日なんですが、それに先立ちまして。

とあるオシゴト先で、サプライズなパーティーを催してくださいました。


いやもうね、ホントーにビックリだったわけですよ。

みんながチームワークで僕のためにイベントやケーキなどを用意してくれて。

僕の大好物や、毎日の音楽で使う必需品などのプレゼントまで…。


両手に抱えきれないほどのプレゼントを頂いて、

実際、帰りの車の中では、スイーツ&お菓子に埋もれながらの運転で。


ホント、甘いものと柿ピー&煎餅は大好きな僕でして…。

いつかは柿ピーと甘いものに、心の底まで溺れてみたい、なんて

イケナイ妄想したりもしてましたよ。正直。


まさかこんなに早くこんなチャンスが来るとは…。



でもね、一番嬉しかったのは、

みんなが僕の好物とかを調べてくれたり、色んなドッキリを織り交ぜて

みんなで僕を喜ばそうって思ってくれたことだよ。

驚いてる僕をみんながニコニコ笑顔で包んでくれて、

そんなみんなを見てた僕、

ジツはこっそり泣いてました。


本当にありがとう!



笑顔ってステキ☆





あれ?

王子と発言が被ってる?



birthday060922.jpg
posted by 某・勘違い at 17:54| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

涙(暗め)

ずいぶん前、ひいおばあちゃんが亡くなった。

僕の記憶にある、父の泣いた姿は、このときが初めてだった。

「お父さんも、泣くことってあるんだな」と、妙にビックリしたのを覚えてる。

父親って、少なくともうちの場合、およそ苦しみとか辛さとは無縁だと思ってた。

そんな小学3年の僕だった。



だからか、何年かして、

父方の母、つまり僕の祖母が亡くなったときには

棺に最期のお別れをする間際、父の姿を見ないようにしていた。

本当に無意識に。

でも、何の気無しに伺ってしまった父は、やはりクシャクシャの涙顔だった。


僕は泣かなかった。

泣かないように頑張った。そんな自分がちょっと誇らしげだった。




3度目に父の泣いた姿を見たのは、闘病中の食卓だった。

他愛ないことでピリピリしてしまう我が家は、まさに患者を支える家族の姿だった。


食事のことでちょっとした言い合い。

何のことはない。「古いのから食べろ」そんな内容だった。


突然、父が、持っていたコンビニのおむすびを置いた。


「ごめんな、俺がこんなになったばっかりに。」

絞りだすように、父がそう言った。


「…頼むから、ケンカするなよ。ごめんよ。」

最後は声にならない涙。



僕は、なんで泣くわけ?別にケンカしてるわけじゃないし、と黙って食べ続ける。

見たくなければ病院に帰れば?と。


明らかに何かがおかしくなっていた。




父が亡くなったとき、葬儀の最中は涙が出なかった。


でも、

棺に向かっての、最期の「お別れ」の瞬間、

押し殺した声と一緒に、止まらない涙。



ああ、そうか。

人前で泣くのは、弱いことでも恥ずかしいことでもないんだ。


どうしようもない感情を、

自分の裸のままの感情を、

誰かに伝えられることなんだね。


父の闘病中、ずっと耐えてきた涙が、後から後から溢れた。



あのとき、食卓での涙に、

まっすぐに応えてあげられなくて、ごめんね。


ホントは違うんだよ。


心の中で、そう思ってた。



今でも。
posted by 某・勘違い at 22:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

またしても久しぶり〜

今年も終戦記念日を迎えました。

「終戦記念日」っていうと、首相の行動とか、外交問題とか、色々ついて回る。

もちろん過去の行為が現在に及ぼす影響は、計り知れないものがある。

それに対してここで是か非かを議論するつもりは毛頭ない。


だけど、右往左往する前に、亡くなった方に対する気持ちは大切にしたい。

それを行動にするとか、そういったことじゃなく。

正しかったり、間違ったり、そういうことじゃなく。


国、家族、未来のことを願って亡くなった方々がいたことを忘れちゃいけない。

歴史の犠牲の上に生きていることを、忘れちゃいけない。

それはどの国のことでも変わらないと思う。


確かに「敵」と「味方」に分かれたかもしれない。

だけど、家族が笑顔で暮らせる世界を、って願いは変わらないと思う。

同じ目的なのに、「敵」と「味方」に分かれてしまう。


もしこれが、分かれることなく、同じ「願い」で行動できたら…。



そんなに「単純」にはいかないから、未だ世界では戦火が絶えない。




それって誰のための正義?

誰のための支配?

誰のためのレクイエム?
posted by 某・勘違い at 00:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。