2008年09月19日

今年の秋は

花粉症の症状もほとんど出ず、快適なのですよ。

これもきっと、週1回、痛い注射を打って体質改善をしてきたおかげか。

てなわけで、今年の秋は、くしゃみとは無縁なのです☆


でも、喉がイガイガしやすいのは変わらないのね…。
posted by 某・勘違い at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

春の訪れイコール

花粉


キタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(`  )━(Д` )。・゚・(ノД`)・゚・。ン
posted by 某・勘違い at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

もう花粉?

もう8月だし、そろそろ花粉症の薬も飲まなくていいかな、

なんて思って、ここ2〜3日飲まなかったら、

クシャミが止まらないではないですか!


腕の注射痕(※)を見たら…

アレルギー反応で真っ赤に腫れてる。


(※…減感作療法の注射痕。週1から始まり現在は2月に1回注射。)



今の時期、何アレルギーだろ?


ブタクサには早すぎる。


↑あれね、「ギムレットには早すぎる」のパクリね。

飲めないくせに。


てか、ホント、なんでしょうね。教えて下さい知ってる方。
posted by 某・勘違い at 01:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

ショック症状

オシゴトとオシゴトの合間に、いつもの病院(花粉症)に行ってきました。

が、今日はいつもと様子が違いました。


注射されたところが、された瞬間熱く!

看護士さんが、「今日も量増えてるけど…大丈夫?」

とおっしゃったんですが、大丈夫かどうかは、シロウトには分からない。


その結果、左腕全体が赤く腫れ上がった…。

慌てた看護士さんが、すぐに担当医と話を。

その結果、急遽ステロイド剤などの点滴を行うことに。


でも、刺したばかりの点滴が、何故か痛い。

よく見りゃ液が体内に入っていかず、腕に大きなコブ状態でステイ。

どうやら、よっぽど動揺してるらしい。


途中何度も「呼吸は苦しくないですか?」と問いかけてくる。

「今のところ苦しくないです。」と僕。

そうは言いながらも心拍は異常なまでにドッキンドッキン。

しまいにゃフラフラするシマツ。



そっか。

これがショック症状か…。


てなことを考えながら、オシゴトに間に合うよう逆算する辺り、まだ冷静。


だけど僕の抵抗体は、外部からの天敵と、一進一退の攻防を繰り広げる。

熱い戦いの舞台は僕のカラダだ。


いやいや、お互い少し冷静になれよ。


震えが止まらないカラダのままに、ある考えが頭をよぎる。

「このまま意識がトんだらどうしよう…。」

ちょっと時期が時期なだけに、僕もかなり動揺してるっぽい。



「1〜2時間くらいいられますか?」

と看護士さん。

「無理です。」と僕。


点滴のチカラを得て、ショックも収まってきた。

だけど、ひとつ問題がある。


ステロイドって、ドーピング検査に引っかかるんじゃ…。


それを看護士さんに言うと、

「そうだけど、それってオリンピックとか国際競技のときですよ?」



そっかぁ。

その予定無いから大丈夫だ。

心配して損しちゃったなー。


その後、何とか点滴も早めてもらい、電車に乗った。


「何かあったらすぐ電話ください!」
って言ってくれたけど、何かあってから電話しても間に合わないよ?


てなことを考えながら、やっぱり「医者」って苦手だ、と思った。

「名医」とか、「権威」とか呼ばれてる医者って信じられない。


だいたい、患者の訴えを無視したり、

「他の原因」とか言ってろくに診ない医者が、診察しないでほしいね。

挙句の果てには、「精神的なものでは?」とかさ。


僕は、そういう医者に会うことが、今までも多かった。

自分以外のことで悔しい思いを何度もした。


今まで何人の患者を診てこようが、

どれだけ素晴らしい研究をしていようが、

目の前の患者をしっかり見るべき。

自分の知らない「例外」のケースは、世の中いっぱいあるんだから。



「何か」が起こってから、初めてちゃんと患部を「見てくれた」あたり、

何でもそうなんだなぁ、って思いましたよ。



事故が起こってから付けられる信号機。

地震が起こってから変わる耐震構造。

明るみに出てから発表するリコール隠し。

離れて初めてわかるその人の大切さ…。
posted by 某・勘違い at 00:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

春は花粉の時期

春の足音が目の前にやってきた今日、いかがお過ごしでしょうか。

僕にとって春は、花見の季節でも出会いの季節でも風流の季節でも何でもないです。

とにかく花粉。コレに尽きる。

かれこれ15年以上、春といえば花粉。生活自体が苦行。

QOLって何だけ…。


※QOL=クオリティオブライフ


というわけで今日も病院→注射。



「もうそろそろ(花粉も)少なくなってるんですけどねぇ。」


なんて医者に言われながらも、飲み薬と注射を要求。

僕は人より時期が長いしヒドイんだよ。わからないだろうけどさ。

なんてブツクサ思いながら、2時間かけた復路に向かう途中。

空を見上げた。



いつの頃からか日課になってる、といえば聞こえはいい。


だけどジッサイは、へこんだ気持ちをアゲるために始めたのかも。




今日はだいぶ風も収まってるけど、雲行きが怪しい。


それよりも目の前にこんなものが。



sakura2006.001.jpg



花粉のせいで春はツライけど、春の景色は好きだなぁ。
posted by 某・勘違い at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

減感作療法

今日は週に一度の注射day☆



年々ひどくなる花粉症の対策として、去年の秋から始めた減感作療法ですが、最近、腫れがヒドイ。

腕全体が腫れ上がる状態に…。





今日も3時間掛けて通院。
電車の中は貴重な睡眠時間です。



seiroka001.5.jpg



通院中の、ちょっとステキな風景を一枚。





腫れることを担当医に告げると、「注射する量を減らそう」とのこと。



ジツはこの治療法、ショックを起こす人もいるらしい。
中には呼吸困難に陥る場合もあるとか。




でもココまできて量を減らすのもなんかクヤシイので、前回と同じ量を注射してもらいました。





それだけ長く通わなきゃいけなくなるのなんて、まっぴらゴメンです!

腫れたら腫れたで、気合で何とかします!



ジッサイ、「三歩進んで二歩下がる」のは、歌や曲作りでもうたくさんです!






歌や曲作りのそんな状態からも早く抜け出さなきゃ…。











追伸:

やっぱり強烈に腫れました。
気合で何とかならないものも世の中あるらしい。
posted by 某・勘違い at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

花粉、きちゃったみたい…。

今年は余裕ジャン♪なんて思ってた僕が甘かった…。


今年もヤツらが来た。

ザ★スギ花粉。


いつも通って注射してもらってる病院曰く、これから2週間がピークらしいですよ。
お出かけの際には気をつけてくださいね。



ゴーグルとマスクは必需品ですよ〜。


konnbini01.5.jpg
正しい例。




窓を開けて気分がイイ!
なんて掃除をしてた数時間前の自分が憎い…。
posted by 某・勘違い at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

春よ、来ないでー

今年は花粉の量が少ないって話だけど、どうなんだろう。
今までの僕なら、量が多かろうが少なかろうが、雨が降ろうが風が強かろうがカンケーなく、どんなときにもツラかった。

文字通り、目玉が飛び出るほどに。(本当)


ところが、今年はそんなにひどくないんだよね。
これは果たして、「減感作療法(※)」が効いているんだろうか。
それとも単純に花粉の量が少ないだけなんだろうか…。


注)減感作療法……薄めた花粉を注射して、カラダに免疫をつける、って療法。


なにはともあれ、往復3時間かけて毎週病院に通って、注射を打ってる甲斐があるといいなぁ。コレだけ痒い思いをしてるんだから…。

腕は荒れてぽっこりしてます。
紫色に変色してます。

それでも試す価値はありますよー☆


soundalbum
posted by 某・勘違い at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。